サイト内の現在位置

プレスリリース

2011年8月04日 チリで建設のアルマ望遠鏡、16台のアンテナが揃い、初期科学運用へ



日本を中心とした東アジア・欧州・米国を中心とした北米の国際協力のもとで、南米チリ共和国に建設が進むアルマ望遠鏡計画において、7 月 28 日(日本時間)に 16 台目の高精度パラボラアンテナが現地に設置されました。これで、今秋から開始される初期科学運用に必要な数のアンテナがそろったことになります。

アルマ望遠鏡は、最終的には、2013 年に 66 台の高精度パラボラアンテナでの観測を開始することを予定しています。今回、日米欧が製造を分担した 16 台のパラボラアンテナが現地に揃ったことにより、 完成時の 4 分の 1 のアンテナ台数にもかかわらず、ハワイにある米国のサブミリ波干渉計(SMA:世界最高精度のサブミリ波望遠鏡)を 10 倍以上上回る感度を達成できます。人間の目には見えない電波(ミリ波・サブミリ波)にて、この画期的な性能で、銀河や惑星の誕生、宇宙の中での物質進化や地球生命の起源にまで迫る観測研究が、世界各国の研究者によって間もなく開始されます。

図1-1.アルマ望遠鏡山頂施設にそろった16台のパラボラアンテナ。(写真:津野晃臣)
図1-1.アルマ望遠鏡山頂施設にそろった16台のパラボラアンテナ。(写真:津野晃臣)
図1-2.まだ雪の残る山頂施設に並ぶ16台のパラボラアンテナ。(写真:小杉城治)
図1-2.まだ雪の残る山頂施設に並ぶ16台のパラボラアンテナ。(写真:小杉城治)

このページのトップへ