サイト内の現在位置

最新情報

2014年9月17日 銀河衝突で作られる巨大ガス円盤—円盤銀河誕生の謎に電波で迫る

アルマ望遠鏡をはじめとする電波望遠鏡による37の衝突銀河の観測により、銀河どうしが衝突した後に高い確率でガスの円盤構造を持つ銀河が作られることが初めて確かめられました。我々が住む天の川銀河のような円盤銀河の起源に迫る、重要な成果です。

国立天文台で研究を行う植田準子氏(日本学術振興会特別研究員)が率いる国際研究グループは、衝突の最終段階にある37個の銀河における分子ガスの分布を、世界中の電波望遠鏡の観測データを使って調査しました。分子ガスが放つ電波を検出できた30個の衝突銀河のうち、24個の衝突銀河において、分子ガスが円盤状に回転していることを突き止めました。しかもそのうちの半分は、銀河中心部の星の集合体よりも大きく広がったガス円盤を持っていることもわかりました。ガス円盤の中で将来的に多数の星が作られると、結果的にこれらの銀河は星とガスの円盤を持つ円盤銀河に進化していくと考えられます。

この観測結果は、Ueda et al. "COLD MOLECULAR GAS IN MERGER REMNANTS. I. FORMATION OF MOLECULAR GAS DISKS" として、2014年8月発行の天文学専門誌「アストロフィジカル・ジャーナル・サプリメント」に掲載されました。

詳しくは、ファイル9月17日付プレスリリース『銀河衝突で作られる巨大ガス円盤—円盤銀河誕生の謎に電波で迫る』 をご覧ください。

下の画像は、電波望遠鏡で観測した衝突銀河のガスの分布です。等高線は一酸化炭素ガスが放つ電波の強度を表しています。またガスの動きによって色付けしており、赤色は私たちから遠ざかる方向に、青色は私たちに近づく方向にガスが動いていることを示しています。赤から青へのきれいなグラデーションが見えているということは、ガスが円盤状に銀河中心のまわりを回っていることがわかります。
Credit: ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/SMA/CARMA/IRAM/J. Ueda et al./Wilson et al./Hunt et al./Jütte et al.

アルマ望遠鏡、「視力2000」を達成! — 史上最高解像度で惑星誕生の現場の撮影に成功

このページのトップへ