サイト内の現在位置

最新情報

2013年3月14日 アルマ望遠鏡開所式を挙行、そして星のベビーブーム史に迫る成果を発表

2013年3月13日(現地時間)、チリ共和国北部においてアルマ望遠鏡開所式が挙行されました。これまでアルマ望遠鏡では、一部の装置を用いて行う「初期科学観測」が建設と並行して進められてきましたが、この開所式はアルマ望遠鏡が「建設プロジェクト」から「科学観測を行う観測所」へと本格的に移行することを記念したものです。
詳しくは、ファイル3月14日付プレスリリース:アルマ望遠鏡 開所式を挙行 -- 誰も見たことのない宇宙を切り拓く、人類の新しい「眼」 をご覧ください。

アルマ望遠鏡での観測から、宇宙の中でもっとも星が活発に作られていた時代が、これまで考えられていたよりもずっと昔であったことがわかりました。この結果は、2013年3月14日発行の科学誌 「ネイチャー」 と「アストロフィジカル・ジャーナル」に掲載されます。この結果は、3月13日に開所式を迎えたアルマ望遠鏡の威力を示す最新の成果の一つです。
詳しくは、ファイル3月14日付プレスリリース:アルマ望遠鏡が書き換える、星のベビーブーム史 -重力レンズ越しに見るスターバースト銀河と観測史上最も遠い銀河での水の検出 をご覧ください。

写真は、2012年12月に撮影されたアルマ山頂施設 (AOS)空撮写真です。
標高5000mのチャナントール高原に直径12メートルと7メートルのふたつの大きさのアンテナが並んでいます。
Credit: Clem & Adri Bacri-Normier (wingsforscience.com)/ESO

アルマ望遠鏡開所式を挙行、そして星のベビーブーム史に迫る成果を発表

このページのトップへ