サイト内の現在位置

もっと理解するために

電波干渉計のしくみ

電波干渉計のしくみ
アルマ望遠鏡は、広大な土地に66台の電波望遠鏡を並べ、それを組み合わせることで仮想的に一つの巨大な望遠鏡としています。このように複数の電波望遠鏡を組み合わせた仕組みを、電波干渉計と呼びます。では、干渉計とは一体どういうものなのでしょうか。また、なぜこんなにも多くの望遠鏡を使うのでしょうか。

このページのトップへ